写真

西日本を襲った「平成30年7月豪雨」では、全国で死者が150人以上(10日現在)に上り、平成に入って最悪の豪雨災害となった。「日本全域で集中豪雨、洪水などのシビアウェザーに十分に気をつけなければならない時代に突入した」と指摘をする災害危機管理アドバイザーの和田隆昌氏に、今回の豪雨災害の教訓などについて聞いた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング