写真

「人手不足倒産」が日本企業を襲っている。 帝国データバンクの「『人手不足倒産』の動向調査(2018年上半期)」によると、18年上半期(1~6月)の人手不足倒産は70件発生し、負債総額は106億7700万円だった。件数は3年連続で前年同期を上回り、13年1月の調査開始以降、半期ベースで最多となった。さらに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング