写真

外国人労働者の受け入れ拡大などを定める出入国管理法改正案が今国会で成立する見通しだ。「深刻な人手不足が喫緊の課題」と主張する政府は2019年4月の施行を目指しており、経済界からは歓迎の声があがる一方で「事実上の移民法だ」「議論が拙速」という反対意見も少なくない。 日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング