写真

2018年11月5日付の日本経済新聞によると、仮想通貨の取引量が激減しているようだ。ビットコインの売買代金は、ピークだった17年12月~18年1月の5分の1程度の水準まで落ち込んでいる。 特に日本市場の落ち込みが凄まじい。若者を中心にある種のバブルに沸いた日本市場は、昨年末に5割を超えた取引全体に占める円建てのシェアは1割を下回るまで落ちている。円建ての売買代金はピークの25分の1の水準だ。 相次ぐ不正流出で仮想通貨交換会社の信頼は落ち、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング