写真

「カリスマ経営者」ともてはやされた日産自動車元会長、カルロス・ゴーン容疑者の逮捕劇を受けて、外国人経営者の超高額報酬がクローズアップされている。 「プロ経営者」として日本企業に招聘された外国人トップや経営陣の役員報酬はすさまじく高い。 東京商工リサーチの「役員報酬1億円以上開示企業調査」(2018年3月期)や各社の有価証券報告書によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング