写真

連続テレビドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系)の第9話が6日に放送され、平均視聴率は前回から1.2ポイント増の7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。このドラマは、融資先に出向になった元銀行員・瀧沢完治(佐々木蔵之介)と、孤独な人生を送ってきた目黒栞(黒木瞳)を中心に、人生や恋に葛藤する男女を描く作品だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング