写真

居酒屋「和民」などを展開するワタミは、鶏肉を使った料理を提供する店舗を急速に増やしている。同社は「ブラック企業」との批判を受けたことなどでブランドイメージが低下し、競争激化も相まって業績が悪化。一度は奈落の底に落ちたが、鶏業態が下支えし業績は底を打ちつつある。 この鶏業態が復活のカギとなっている。から揚げがメインの居酒屋「ミライザカ」と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング