写真

東芝は11月12日、7000億円の自社株買いの具体的な方法を発表した。自社保有分を除く発行済み株式総数の30%に相当する最大1億9257万2200株を、12日の終値と同額の1株3635円で買い付ける。1株当たりの買い付け価格は、昨年末行った大型増資の新株発行価格に比べ実質38%高い。13日の取引開始前に東京証券取引所の立会外取引で取得するとした。 そして翌13日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング