写真

飛行中の航空機内では、地上にいるときよりもはるかに多量の宇宙線(放射線)を被曝する。被曝量はコックピットにいるパイロットも客室内の乗客も等しく受けている。 その理由は、航空機の外壁には宇宙線を遮断する材質が使われていないためだ。技術的には鉛を使った材質にすればいいのだが、それでは機材が重くなり搭乗数にも影響が生じ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング