写真

阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第10話が16日に放送され、平均視聴率は前回より2.9ポイント上昇の15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最高を記録したことがわかった。過去に放送されたことがあるとはいえ、他局で映画『シン・ゴジラ』『ドラゴンボールZ復活の「F」』が放送されていた裏でのこの結果は、大健闘といえるだろう。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング