写真

2018年12月28日、東京株式市場は年内最後の取引である大納会を迎えたが、日経平均株価は17年の大納会(12月29日)の終値と比べて2750円17銭安の2万14円77銭で取引を終えた。前年末の終値を下回るのは7年ぶり。アベノミクス開始以来、初めてである。 多くの企業の株価が値を下げるなか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング