写真

1997年8月に発生した五代目山口組の宅見勝若頭の射殺事件から20年あまり。平成最後の年を目前にした昨年12月、事件のキーマンとされていた元五代目山口組若頭補佐の中野太郎氏が著書『悲憤』(講談社/中野太郎著、宮崎学監修)で事件の真相を明かしたことが注目されている。 いまだ謎が多い事件の知られざる裏側とは何か。療養中の中野氏に代わって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング