写真

食事、運動、受診など健康にかかわる行動では、所得の高い人ほど健康に資する生活を実践し、所得格差は健康格差を生み出すといわれている。この定説に対して、新たな仮説が発表された。 一般社財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構(東京都港区)が昨年10月29日に開いた「平成30年度調査研究報告会」で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング