写真

ゴム製のタイヤが初めて開発されたのは、1867年とされている。木材や金属で成型された車輪にゴムを巻いたものがルーツだ。空気入りの自動車用タイヤが公道を走ったのは1895年。フランスのミシュランが公道レースで初めて使用した。自動車用タイヤが黒くなったのは1912年。BFグッドリッチがゴムにカーボンブラックを配合。それ以来100年が経過しても、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング