写真

窪田正孝が主演を務める連続テレビドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の第11話が17日に15分拡大版で放送され、平均視聴率は自己最高を更新する13.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。数字だけ見れば「月9ドラマ復活」といってよい。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング