軽自動車の先駆メーカーとしてその名を馳せていた鈴木自動車工業は、1981年に重要な決定を下す。米国の自動車会社、GMとの業務提携だ。その戦略の一環として、両社は小型乗用車の開発に乗り出した――。今回はスズキが小型乗用車カテゴリーへの復活を果たす端緒となった初代カルタス(1983年~)の話題で一席。【Vol.76初代スズキ・カルタス】1970年代後半の鈴木自動車工業(現スズキ)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング