新しい物事を知ったときなど、あるきっかけを境にして、まるで目にかかっていたボヤケフィルターが取れたように仕組みが見えるようになることを指す言葉に、「目からうろこが落ちる」というものがあります。この言葉の語源となったのは、聖書に書かれたエピソードであることをご存知ですか?新約聖書『使徒言行録』の第9章にある「(盲目の人の)目から“うろこのようなもの”が落ち、目が見えるようになった」という記述があり、それが明治期以降に日本に広まったといわれています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング