写真

トヨタ自動車(以下トヨタ)とセブン‐イレブン・ジャパンが8月9日、水素を燃料として大気汚染物質を一切排出しない商品配送用FC(燃料電池)トラックの導入に向け、基本合意書を交わしました。 両社はトヨタが新たに開発するFCトラックや発電機等の導入により、低炭素社会・水素社会の実現に貢献することを目指すとしています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング