写真

スズキがインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売する「バレーノ」がマイナーチェンジしました。主な変更点は、1.0リッター直列3気筒ターボエンジンがハイオク仕様からレギュラーガソリン仕様に変わったことです。 これにより、ランニングコストを抑えることに成功しています。ターボエンジンを搭載する「XT」グレードのメーカー希望小売価格は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング