写真

米・トランプ大統領が今年5月、商務省に輸入車や輸入部品等が「国家安全保障上の脅威」であるかどうかを判断するよう指示し、脅威と判断した場合には最大25%の関税を課す意向を示しました。 米・商務省は大統領の意向を受け、7月19日に自動車メーカーや業界団体を招いて公聴会を開催。 日本は同公聴会において、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング