写真

昭和と平成が入れ替わる1988年末~1989年、足立区で起こった「女子高生コンクリート詰め殺人事件」は、日本中を震撼させる事件だった。犯行グループとなった当時15~18歳の少年4人は帰宅途中の女子高生を拉致し、41日間にわたって監禁した後に殺害。その遺体は、ドラム缶に入れられてコンクリートを流し込まれ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング