写真

前クールの高視聴率がアダとなり、視聴者の嫌悪感を増幅させてしまったようだ。 10月9日に有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系)が放送され、初回平均視聴率が6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。同作は、有村演じる新人の中学校教師・末永聖と、19歳の新人俳優・岡田健史が演じる中学3年生の黒岩晶が禁断の恋に落ちる物語。 「同枠では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング