写真

女性に人気のアパレルメーカー「セシルマクビー」が、下請け会社の劣悪な外国人雇用状況を12日放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京系)に報じられ、ネット上で物議を醸している。 「同番組では縫製工場で働く外国人の技能実習生たちの『休みは7ヶ月でたった1日』『時給400円・残業197時間で手取り13万』という驚愕の労働実態が明かされました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング