13日に板門店の共同警備区域から韓国側に亡命した朝鮮人民軍(北朝鮮軍)兵士が、銃撃で受けた傷から回復しつつある。一時は重体に陥り、2度の大手術を受けたが、自分の名前を明かせるほどになったと韓国の京郷新聞が報じた。 韓国政府筋によると、この兵士は自分の名前をオ・チョンソン、年齢は25歳で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング