写真

ジンバブエ国立墓地の銅像(画像:Gary Bembridge)

北朝鮮と長年にわたり友好関係にあるアフリカのアンゴラが、自国に滞在していた北朝鮮労働者全員を出国させたと、現地紙ジョルナル・デ・アンゴラが報じた。 テテ国務長官(外交担当)は、同国に滞在していた北朝鮮労働者153人のうち55人が19日、首都ルアンダの空港から出国したと述べた。また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング