北メディア「天下の馬鹿者」と嘲笑

デイリーNKジャパン / 2017年12月12日 6時46分

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、同国が先月29日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型を発射したことに対する韓国政府の対応を嘲笑する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。 論評は、韓国政府が北朝鮮のICBM発射に対して「『挑発』『脅威』うんぬんを並べ立てて『糾弾決議案』を発表する、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング