北朝鮮で「町内会長」が人気の理由

デイリーNKジャパン / 2018年5月28日 6時39分

北朝鮮の監視体制を末端で担っているのは、人民班と呼ばれる組織だ。日本の町内会や隣組に似たものだが、その班長は住民の思想動向や経済状況などを把握、監視する一方で、当局との橋渡し役にもなっており、時には当局の横暴から住民を守る役割を果たすこともある。 住民にとっては、班長との関係をいかに良好に保つかが大切だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング