金正恩氏が悩む「ヘンな病気」流行の原因は「危ない草」か

デイリーNKジャパン / 2018年7月14日 16時11分

北朝鮮の食糧事情は、かつてと比べ大きく改善した。貧富の格差が拡大する中で、市場で食べ物を買うための十分な現金収入を得られていない層は存在するが、数十万人が餓死した1990年代の「苦難の行軍」の時代のように、国内から食べ物が消えてしまう懸念は遠ざかった。 最近では、覚せい剤の害毒に気づき、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング