トランプ氏、金正恩氏との「決別宣言書」に遂にサイン

デイリーNKジャパン / 2018年7月21日 19時45分

トランプ米大統領は20日、北朝鮮人権法を2022年まで延長する法案に署名し、成立させた。同法は、北朝鮮の残忍な人権侵害を止めさせるためのものだ。北朝鮮は人権問題への干渉を最も嫌っており、今回のトランプ氏の動きは、非核化を巡る米朝対話にも影響を及ぼす可能性がある。 2004年に時限立法として定められた北朝鮮人権法は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング