北朝鮮「指紋認識付きIDカード」導入の噂

デイリーNKジャパン / 2018年8月21日 7時22分

北朝鮮では、17歳以上の国民は誰もが「公民証」と呼ばれる身分証明証を持っている。1946年9月1日に初めて導入され、その後10年から15年周期で7回にわたって一斉切り替えが行われた。 最後に一斉切り替えが行われたのは2004年だが、その後も切り替えを巡る噂が出ては消えている。そして最近になり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング