写真

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、非核化を巡る米朝対話が膠着状態に陥った責任は「全面的に米国にある」とする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。 論評は、シンガポールでの首脳会談から3カ月が経過したが、対話に進捗は見られないと指摘。その原因について「明白に言うなら、米国が自分らが公約した終戦宣言の宣布をはじめ信頼づくりの意志は見せず、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング