写真

金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は17日、憲法改正を推進している安倍政権が、新憲法に自衛隊を明記しようとしていることについて「20世紀に実現できなかった『大東亜共栄圏』の野望をかなえようとする腹黒い下心の発露」であると非難する論評を配信した。 論評は「日本の各野党と各階層はもちろん、南朝鮮をはじめ外部でまで自民党の独自的な改憲の推進に対する懸念と非難、軍国主義の復活を狙った安倍政権の憲法改正意図を断罪、糾弾する声が高まっている」と指摘。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング