写真

北朝鮮で「太陽像」と呼ばれる金日成氏の肖像画をあしらった勲章(朝鮮中央通信)

北朝鮮の人々は毎年、自然災害に苦しめられている。雨期には水害、夏には干ばつ、冬は大雪。とりわけ今の時期、北部の山間地域では最低気温が氷点下30度近くまで下がる。まさに「凍土」という表現がふさわしい。慢性的なエネルギー不足から暖房のための社会的インフラの整備は進んでおらず、「冬になると飢えよりも寒さの方がよっぽどツラい。凍死する住民も多い」との声もある。 韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング