北朝鮮に逃げ込む「外国人犯罪者」…外貨提供でぜいたく三昧

デイリーNKジャパン / 2019年1月18日 6時6分

北朝鮮においても諸外国と同様、覚せい剤の密売・乱用や詐欺行為は犯罪であり、取り締まりの対象となる。覚せい剤汚染が深刻化の一途を辿っているのは、司法機関の腐敗のためであり、これら不法行為がまったく放置されているわけではない。 しかし、北朝鮮が取り締まるのは国内で発生した犯罪行為だけだ。中国やロシアとの間で犯罪人引渡協定は結ばれているが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング