米軍兵士にも「遠慮なく拷問」を加えた北朝鮮の失敗

デイリーNKジャパン / 2019年1月23日 6時7分

北朝鮮は今から51年前、1968年の1月23日、東海岸の元山(ウォンサン)沖で米海軍の情報収集艦「プエブロ」を拿捕した。「プエブロ号事件」として知られるこの出来事は当時、第2次朝鮮戦争の勃発も予感させる重大事だったとされるが、今となっては遠い昔の話である。 ところが最近、この事件が米朝関係で重要な意味を持つようになるかもしれない展開が生まれている。 米大学生のオットー・ワームビアさんが北朝鮮で長期拘束され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング