写真

2005年8月25日、韓国・ソウルで行われた人権デモで、北朝鮮の拷問場面を演じる学生たち(ニューシス)

北朝鮮の秘密警察である国家保衛省は、拷問や公開処刑、政治犯収容所の運営を担当する、金正恩体制の恐怖政治の象徴である。 (参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…) その要員は、隣国の中国にも少なからず派遣されている。彼らの活動は情報収集だけにとどまらず、資金稼ぎのためのビジネスや、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング