「日本との決着、意志が強まる」北朝鮮が竹島問題で反発

デイリーNKジャパン / 2019年5月16日 14時3分

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は15日、「日本の反動層が独島(竹島)に対する『領有権』をあくまでも固執するのは朝鮮再侵略の口実を設ける」ためだとする論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。 (参考記事:「日本軍が慰安婦を虐殺した映像ある」北朝鮮メディア報道) 論評は、日本が2019年版外交青書で竹島(独島)を「日本固有の領土」と表記したことに言及。「日本の反動層が再侵略策動を露骨にするほど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング