写真

黎明通りの建設場を現地指導した金正恩氏(2017年1月26日付労働新聞より)

北朝鮮の金日成主席は晩年、メガプロジェクト大好き人間だった。その代表例が西海閘門と、第13回世界青年学生祝典の参加者を受け入れるためのホテルなどの施設だ。巨額の予算を投じハコモノを建て続けたことが、彼の死後に大飢饉「苦難の行軍」を引き起こす遠因となった。 そのメガプロジェクト好きは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング