写真

7日、朝鮮労働党中央委員会第7期第13回政治局会議に参加した金正恩氏(2020年6月8日付朝鮮中央通信)

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は30日、警察庁により「北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者」(=特定失踪者)とされていた女性2人が国内で発見されたことを受けて、「『拉致』問題の荒唐無稽さ、欺瞞性を見せる確証の例はより増えるようになった」と主張した。 富山県警は19日、1996年に失踪した少女2人について、北朝鮮による拉致ではなかったと明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング