北朝鮮「若者の不満」が引き寄せる南北「一触即発」の危機

デイリーNKジャパン / 2017年6月19日 6時35分

韓国軍合同参謀本部によると、13日に韓国に亡命を求めてきた北朝鮮の兵士は、韓国軍が拡声器で流す対北放送を聞き、亡命を決断したという。 この兵士は13日午後7時50分頃、南北の軍事境界線を越え、韓国側の京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)郡にある同軍監視警戒所(GP)に投降してきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング