北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射と核実験に対し、国際社会の制裁圧力が強まるなか、北朝鮮当局が「生活が苦しくなったのは中国の制裁のせいだ」というプロパガンダを行っているという。この影響により、北朝鮮国内で反中感情が高まっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング