北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、トランプ米大統領のアジア歴訪(11月5日〜14日)を非難する論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。 論評は、トランプ氏のアジア歴訪が「『北の核廃棄』を狙った無分別な対朝鮮圧殺訪問だ」とし、「出会う相手が誰であれ、選ばずに『北の核脅威論』から大げさに唱え、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング