一般データ保護規則(GeneralDataProtectionPlan:以下、GDPR)に向けたGoogleの最新のアップデートが、パブリッシャーや独立系アドテクベンダーを動揺させている。 Googleは5月第1週、業界情報メディア「アドエクスチェンジャー(AdExchanger)」が最初に報じたように、GDPRに従って同社の同意管理プロバイダー(ConsentManagementProvider:以下、CMP)を利用することを選択した場合、パブリッシャーが代わりにユーザーからの同意を得られるアドテクベンダーの数を制限すると認めた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング