デジタル広告業界は長い間、広告における偽証行為に対して、モグラ叩きを続けてきた。それは2019年も変わらないだろう。昨年10月に日の目を見たモバイルアプリ内における巨大な偽証行為に関するスキャンダルは、偽証行為を行うグループがいかに洗練された技術を持ち、忍耐強いかを業界人たちにあらためて思い知らせた。 ads.txtといった種々の取り組みによってドメイン・スプーフィングや未承認在庫の再販売といった行いを減らす努力が行われてきたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング