前半3分でレッドカードのコロンビア代表MFサンチェス、W杯史上2番目のスピード退場

Football ZONE web / 2018年6月19日 22時13分

■1986年大会のウルグアイ代表バティスタに次ぐ3分での一発退場日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦、前半6分にMF香川真司(ドルトムント)のPKで先制した。香川は前半3分にゴールこぼれ球に反応。強烈なミドルシュートを放った際、相手MFカルロス・サンチェスがハンドで決定機を阻止。今大会初のレッドカードとなったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング