C・ロナウドは「大したことしてない」「いつも審判に文句」 敗戦のモロッコDFが批判

Football ZONE web / 2018年6月22日 7時20分

■ポルトガル戦後にベナティアが声を上げる「残念なのは…」モロッコ代表DFメディ・ベナティアが、20日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグでポルトガルに0-1で敗れた試合後、相手FWクリスティアーノ・ロナウドに対する批判を展開した。イタリア紙「トゥット・スポルト」が報じている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング