メッシ沈黙のアルゼンチン、60年ぶりの屈辱的敗戦に海外酷評 「恥以外の何物でも…」

Football ZONE web / 2018年6月22日 14時30分

■1958年大会でチェコスロバキアに1-6で敗れて以来となる3点差以上の敗戦ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2戦で、強豪アルゼンチンはクロアチアに0-3で完敗した。W杯グループリーグにおいて3点差以上で敗れたのはアルゼンチンにとって実に60年ぶりという屈辱。海外メディアでは「恥以外の何ものでもない」と酷評されている。アルゼンチンは後半8分、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング