写真

■大迫、南野、堂安がゴールを決め、森保体制発足から3連勝森保一監督率いる日本代表は16日、国際親善試合ウルグアイ戦で壮絶な打ち合いの末に4-3で勝利。MF南野拓実(ザルツブルク)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)と3世代が揃い踏みと見事に攻撃陣が融合し、日本のサッカーファンも「世界レベルの試合感動したよ」「なんて面白いサッカーをしやがるんだ」と熱狂した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング