写真

■ロナウドがPKによる決勝ゴール後に相手GKにぶつかり、“トリノ・ダービー”は騒然ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間15日のセリエA第16節トリノ戦でPKによる決勝ゴールを挙げ、1-0の勝利に貢献した。しかし、ゴール直後に相手GKへ体をぶつけるアクションを見せ、イタリア国内で物議を醸している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング