写真

■トルクメニスタンに苦戦したなか、“不動のCF”が存在価値を示す日本代表はアジアカップの初戦でトルクメニスタンを相手に苦しみながらも3-2で勝利し、まずはグループリーグ突破に前進する勝ち点3を獲得した。森保一監督が率いるチームとして初めての公式戦で、アジアカップの難しさを痛感させられる形となったが、同時に大迫勇也というFWの存在感と重要性を改めて認識させられた試合でもある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング